ユーザ用ツール

サイト用ツール


qanda:apm3:2-003

サーバー筐体に交換用基板を取り付ける前のご注意

店舗にあるインストールメディアは使用しないでください。
誤ってバージョンを下げてしまう原因になります。

複数筐体がある場合

  1. 故障したサーバー設定筐体をメインスイッチにて電断します。

  2. 故障したゲーム基板を取り外します。

  3. ゲーム基板からキーチップを取り外します。

  4. 故障したサーバー機の筐体とは別の筐体(クライアント機)をサーバー機に設定してください。

    サブシステムモード→システムテストモード→LANインストール→サーバー

  5. 残りの筐体を筐体裏のメインスイッチにて電断してください。

  6. 先貸出ししたゲーム基板に外したキーチップを挿し、当該のサテライト筐体に取り付けます。

  7. 全筐体の再起動を行ってください。

  8. サーバー筐体から交換したゲーム基板へシステムと各種ゲームが配信されます。

    ※配信されない場合は交換した基板がクライアント設定になっているか確認してください。

筐体が1台のみの場合

  1. 筐体を筐体裏のメインスイッチで電断し、ゲーム基板を取り外します。

  2. ゲーム基板からキーチップを取り外します。

  3. 先貸出し基板へキーチップを挿し、筐体へゲーム基板を取り付けます。

    (先貸出ししたゲーム基板にソフトウェアはインストール済み)

  4. 電源を入れると「配信専用モード」が表示されますので、配信を選択してください。

  5. 各種ゲーム(ギルティギア等)のダウンロードが完了するまで通電を行ってください。

    ※ダウンロードは回線速度に依存し、数時間以上かかる場合があります。


最終更新: 2022/11/22 19:06 JST