ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ALL.Net情報ページ e-supply p-suppot
qanda:allnet:0-009

IPv6接続に切り替えた際に注意点はありますか?

従来の接続(以下、IPv4 PPPoE)と、今回のIPv6接続(以下、IPv6 IPoE)の違いとしては以下のとおりです。

IPv4 PPPoEの場合

回線種別が同一の場合、ルーターをどのフレッツ光回線に繋いでもインターネット接続可能。

IPv6 IPoEの場合

回線毎に固有のCAF番号1)に基づいて接続しているため、他のフレッツ光回線に繋ぐとインターネット接続不可。

このような違いがあるため、ネット障害時などの切り分けで複数ある別回線への繋ぎ変えは、IPv6 IPoE接続しているルーターに関しては行わないでください。
お申込み済みのCAF番号が店舗でご不明な場合は、ご担当のセールスマンかカスタマーサポートまでお問い合わせください。


1)
回線契約時にお客さまIDとしてNTTより開示された英数13桁の番号
最終更新: 2021/05/17 13:45

ページ用ツール